歯科レントゲン機器

歯科のレントゲン機器について

歯科医療分野のレントゲン機器

歯科医院で治療受ける際にレントゲン装置で撮影を受けたことがあると言う人は少なくありません。このように写真撮影をすることによって得ることができる情報は非常に多く、治療を行う上で有益な情報が少ない時間で得られることから重要な検査となっています。歯科医院で使用されているレントゲン装置の特徴は一般の病院のものとは異なり顎の骨と歯の状態を的確に把握することができるように作られています。そのため1度の撮影で多角的な情報が得られるデジタルデータが作られるのです。このように歯医者専用の医療機器として大きな活躍をしているという特徴があります。

レントゲンで発見できるむし歯

久しぶりに歯科へ行くとレントゲンを取られることがありますが、これは目で確認することの出来ない歯根部分の虫歯の発見や歯周病の進行具合の判断が出来るからです。特に歯根部分は歯磨きが不十分になりやすい箇所でもあるため虫歯にもなりやすい箇所と言えるので注意が必要です。また歯周病は多くの日本人が感染しているため、進行の具合を判断することは自身の歯を守ることにもつながります。レントゲン撮影は料金がかかるため面倒だと思い久しぶりに歯科に通った際に断ってしまいたい人もいるかもしれませんが、実は医療行為を支える重要なことなのです。

↑PAGE TOP